いつも元気に地域をサポート
ワートスナジー株式会社

事業内容

内容

ワートスナジー本社
一般廃棄物、産業廃棄物の収集、運搬、保管及び処分の斡旋
レンタカー事業
損害保険:あいおいニッセイ同和損害保険・共栄火災海上保険
生命保険:三井住友海上あいおい生命
再生資源物の仕入販売
建物内外装の工事並びに外構工事、植栽清掃等の請負
電気通信整備、情報通信設備の保守、工事の請負
電気設備、給排水設備及びガス設備の保守管理
環境保全に関する調査及び環境改善に関するコンサルタント業務
自動車等業務車両の整備並びに買取販売

産業廃棄物と一般廃棄物

ゴミ

分類

廃棄物分類

【※公益財団法人 日本産業廃棄物処理センターホームページ(http://www.jwnet.or.jp/index.shtml)より抜粋】

産業廃棄物

産業廃棄物とは、一般的には「産廃」と略され、事業活動に伴って生じた廃棄物のことで廃棄物処理法で規定された20種類の廃棄物のことをいいます。 20種類は次に掲げるものをいいます。
燃え殻・汚泥・廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック類・ゴムくず・金属くず・ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず・鉱さい・がれき類・ばいじん・紙くず・木くず・繊維くず・動植物性残さ・動物系固形不要物・動物のふん尿・動物の死体
以上の産業廃棄物を処分するために処理したもので、前述した産業廃棄物に該当しないもの(例えばコンクリート固型化物)産業廃棄物のうち、原油などの爆発性、廃酸、廃アルカリなどの毒性、感染性など人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるものを特別管理産業廃棄物(略して”とっかん”)といい、さらに、廃ポリ塩化ビフェニル、ポリ塩化ビフェニル汚染物、廃石綿、ばい塵などは特定有害産業廃棄物といいます。
産業廃棄物は排出事業者に処理責任があります。 法的に取り扱いが異なるため、廃棄にあたっては、市町村等の一般廃棄物用の処理施設での処理・処分することはできません。 産業廃棄物を処理・処分できる許可を受けた産業廃棄物処理事業者へ処理・処分委託することとなっています。
弊社の所在地である宮城県内においては、産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物の収集又は運搬を業として行おうとする者は、当該業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事(保健所を設置する市又は特別区にあっては、市長又は区長)の許可が必要となります。
産業廃棄物の処理の流れは下図のようになります。 弊社では、この「収集運搬」と「中間処理(プラスチック溶解)」を行っています。)

作業
廃棄物分類

【※公益財団法人 日本産業廃棄物処理センター ホームページ(http://www.jwnet.or.jp/index.shtml)より抜粋】

一般廃棄物(家庭ごみなど)

一般廃棄物は産業廃棄物以外の廃棄物のことをいいます。 その中に事業活動に伴って生じた産業廃棄物以外のものを事業系一般廃棄物といい、一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物の家庭廃棄物があります。 また、家電製品に含まれるPCB や感染性一般廃棄物の特別管理一般廃棄物があります。
一般廃棄物は市町村に処理責任があり、収集運搬を行うには市町村の許可が必要です。

作業

許可・認可

運搬車両

廃棄物運搬車両

パッカー車

パッカー車
よく街中で見かけるゴミ収集車パッカー車です。 基本はこの車でお客様の所に廃棄物の回収を行います

アームロール車

アームロール車
後ろの荷台部分が下せるタイプです。 ショッピングセンターなどで使われます

運搬車両

大きな物、重い物、大きな什器等、家庭用の粗大ゴミ等を運びます

運搬車両

粗大ゴミ運搬車

発泡スチロール処分(発泡スチロール処理車)

発泡スチロール処理車

お客さんの所に、お邪魔して発泡スチロールを処理します

発泡スチロール処理車

この位の発泡スチロール(魚箱)を減容処理すると

発泡スチロール処理車

この位の塊になります

さくらんぼ号

さくらんぼ号

女性のお客様専用の収集車です。
営業などにも使用しています。

廃棄物収集専用ダイヤル

(平日8:30~17:30  土曜日8:30~12:00)

メールでの問い合わせはこちら

top