コロナ対策にひと工夫☺

2020年4月25日

今や新型コロナウイルスは甚大な影響を及ぼしており、「緊急事態宣言」が発令されるも、毎日流れてくるニュースの情報は感染者拡大の数字ばかりです。懸命な治療にあたってくださっている医療関係者の皆様、軽症者の宿泊療養受け入れをされているホテル関係者様、感染リスクの高い環境の中で、奮闘している皆様の力で、どうか一人でも多くの尊い命が救われますように、尽力を注いでいる皆様への感謝の気持ちと感染された方の一日も早い快復、そしてこの新型コロナウイルスが一分一秒、一日でも早く終息する事を願っております。

お店や会社を開けている接客業の職場では対策として、透明のシートで防御すること、アルコール消毒を置く、マスク着用、お互いの間隔を広くとるといった感染しない、させない為の予防策が求められております。

「緊急事態宣言」が発令されてから特に、行く先々でこのような対策を目にする光景が多くなってきました。飲食店様では暫くの間休業せざるを得ないところも増えてきております。営業職の方々も訪問活動自粛となり、自粛のご連絡やお手紙も増えてきました。

そんな中で、行動はどんどん閉鎖的な動きになっておりますが、心は絶対に閉鎖的な考えになってはいけない。今こそ、お互いを思いやる気持ちと元気に明るく免疫力をあげる努力が必要と感じております。終わりの見えない不安に心を閉ざすのではなく、一日一日を大切に感謝の気持ちで過ごすこと。今の環境で出来る事を前向きに考え進んでいかなくてはいけない時ですね。

人と人との接触距離をおかなくてはいけない時だからこそ、相手に対する優しい気持ち、思いやりのある態度を意識して行動するときだと感じます。

弊社でもコロナ対策として、手洗い、うがい、消毒は必然。朝礼は野外で広々と、食事は一人一人の距離を保ち間隔を開けた席で、大切なミーティングも距離を開け、社長お手製の仕切りを設置しての会話。事務の私達も向かい合わせの席から席替えをし、席の間に、透明のフィルムで仕切りを作り、それぞれのスペースを確保しております。来客くださるお客様や郵便配達のお兄さん、クロネコヤマトさんなどの運送会社の方々が毎日訪問されるので、お互いの幸せの為に、カウンターにも社長がこだわって作った透明のフィルム台を設置いたしました。なんだか透明のフィルム台だけではとても味気なく、冷たい印象も感じる気がしておりました。そこに、社長の誕生日に社員の皆さんからワートスナジー株式会社のシンボルカラーとハクソージャー(社長のキャラクター)の白を基調とした素敵なフラワーアレンジを頂いたので玄関のカウンターに飾らせて頂いたら、どんどん創作イメージが湧いてきて、透明フィルム台の台座のところにも母手作りの紙粘土のお人形や造花などちょっとしたストーリーを持たせた飾りつけをしてみました。早速、出社して早々可愛い事務員さんが、「すごい!いいですねぇ~!」と誉めてくれて、少しでも境界線めいた透明フィルム台を柔らかく優しい雰囲気でお客様をお迎えしたいとの思いを感じて頂き、嬉しくて、ブログを書きました。

アイディア次第で、楽しくアレンジ出来たら、気分も楽しく元気になりますね❤

新型コロナウイルスの影響に負けず!元気に過ごしましょう!

他にも安心して会話ができる様、距離を保てる会話専用の透明フィルム台も何個か作成してもらい使用しております。透明フィルム台のため、写すのが難しく断念しました。参考にしたい方は是非、ご連絡ください。簡単、安全な透明フィルム台の作り方を社長が伝授いたします(*´▽`*)

朝は気持ちよく広々とした社外で朝礼とラジオ体操です!

おまけ(*´▽`*)

自粛要請の中、必要に応じて弊社にお越しの皆様へ感謝の気持ちを込めました❤