植物の癒し 続編

7月に書いた蔵王町の名前がわからなかった植物の名前がわかりました。

『ツリバナ』という北海道から九州まで日本全国の山地に生える落葉低木。花や実がぶら下がってできることからツリバナと呼ばれる植物でした。花言葉は「片思い」です。5月ごろピンクに緑色の1㎝程の小さく可愛らしい花が咲き、緑の実から赤く熟してくす玉🎊の様に5つに割れて種が顔を出します。

名前がわかりスッキリしました(*´▽`*)

これからの季節紅葉が奇麗になりますね。ツリバナもとてもきれいに紅葉するそうです。これからの行楽シーズン、蔵王の美味しい物を食べながら紅葉もお楽しみください。